国民健康保険の正しい知識 TOP > 国民健康保険証について > 国民健康保険証の発行と紛失時の対応

国民健康保険証の発行と紛失時の対応

国民健康保険証は、住んでいる地区町村で加入手続き後は、特別何もない限りすぐに郵送で送付されます。

配達時に不在の場合は、郵便物のお預かりという不在通知書が入っているので、郵便局へ問い合わせてみてください。

諸事情により、市区町村に戻ってきた場合でも、再送されるそうです。
ですから、いつまでも手元に届かない場合は、至急連絡を取ってください。

勉強や仕事等で家族と離れて暮らしている場合は、特例として別々の保険証がもらえます。
この場合、手続きには、国民健康保険証と学生ならば在学証明書が必要になります。

国民健康保険証を紛失した場合は、すぐに市区町村の国民健康保険課まで連絡をすれば、再交付できます。

国民健康保険証は身分証明の役割を持つという大切なものだから、特に家の外で紛失した場合は、悪用の恐れがある為、必ず警察に届けましょう。

国民健康保険証は、管理をしっかりとし失くさないようにすることが大切です。

国民健康保険の基礎知識
国民健康保険の役割
国民健康保険への加入方法
国民健康保険の加入手続き
国民健康保険の手続の仕方
国民健康保険の手続きに必要なもの
国民健康保険団体連合会とは?
国民健康保険中央会と連合会の役割
国民健康保険組合
国民健康保険法
国民健康保険と高齢者のための介護保険制度
国民健康保険の保険料の仕組み
国民健康保険の保険料について
国民健康保険料の支払い
国民健康保険料の算定(計算)方法
国民健康保険料の計算方法
国民健康保険料は年齢によって変わる
国民健康保険料と医療費の高騰の関係
国民健康保険料の地域格差
国民健康保険証について
国民健康保険証
国民健康保険証の発行と紛失時の対応
国民健康保険と扶養
国民健康保険と扶養家族
国民健康保険の扶養に入る条件
国民健康保険の免除
国民健康保険料の納付が免除になる場合
国民健康保険料の減額と減免
こんなときの国民健康保険
国民健康保険料を滞納するとどうなる!?
留学生の場合の国民健康保険
国民健康保険と高齢受給者証
高額医療と高額医療費貸付制度
国民健康保険が適用される医療とされない医療
国民健康保険の出産一時金制度
退職後の健康保険の手続き